製品資料

レッドハット株式会社

OpenStackクラウド開発、最新技術をすぐに取り込めるLinux基盤の「12の条件」

OpenStackによるクラウド開発では、OpenStackディストリビューションとLinux製品の選択が重要となる。そこで、OpenStackの最新のイノベーションを取り入れながら、本番環境に適した安定性を実現するOpenStackクラウド開発基盤を紹介する。

要約

 業務利用にも適したクラウド環境を構築・管理できるOpenStackは、実行環境となるLinuxがシステム全体のパフォーマンスや拡張性、データセキュリティの基礎となる。そのため、導入に際しては、OpenStackディストリビューションとLinux製品が相互に依存することを意識する必要がある。

 また、OpenStackコミュニティーによる開発と更新は早いペースで進むため、アップストリームのリリースとの高い互換性を確保することも重要となる。それでは、最新のイノベーションを取り入れながら、本番環境に適した安定性を実現するOpenStackクラウド開発基盤とはどのようなものだろうか。

 本コンテンツでは、高い拡張性と冗長性を備えたストレージ、障害検知やワークロードの再配分などの機能、エンタープライズ向けのライフサイクルに渡るサポートなど、高いパフォーマンスと可用性を実現するための「12の条件」を満たす製品について、その機能とメリットを詳細に解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/08/31
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ337 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け