製品資料

レッドハット株式会社

脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法

さまざまなシステムから収集したマシンデータをリアルタイム分析して、脅威を迅速かつ的確に検出する手法が取られるようになった。この手法では、データの保持期間が長いほど脅威検出の精度が向上するが、増大し続けるデータへの対策はどのように行うべきだろうか。

要約

 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。

 そこで、ルーター、スイッチ、Webプロキシなどのシステムから、マシンデータをリアルタイムで収集・分析して脅威を検出する手法を取り入れる企業が増え始めている。この検出精度を左右するのが、非アクティブになってから一定期間が経過した「コールドデータ」だ。このデータの保持期間が長いほど、脅威検知は迅速かつ的確になる。

 その一方で、コールドデータの増大はコストの上昇、ストレージのリソース不足という新たな問題も生じさせる。本コンテンツでは、大規模セキュリティ分析基盤を構築する際に最適なハードウェアとソフトウェアの組み合わせと、コスト効率に優れたコールドストレージ運用の方法を詳細に解説する。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/08/31
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間32ページ
ファイルサイズ889 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け