レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

x86サーバだけが解ではない――Linuxサーバを活用したくなる10の理由

ビジネスを支えるITシステムだが、活用に当たり正しい認識をもってシステム開発、運用管理をすることが重要だ。x86サーバとLinuxサーバについても、正しい認識をすることで、的確にシステム検討を行いたい。

要約

 現在、あらゆる組織で売り上げ、収益率、顧客サービスの向上に向けてITが活用されている。しかし、企業や政府機関の多くで、実務能力に制約をかけるようなITインフラを採用してしまっているケースが散見される。これは、IT管理者が持っているサーバプラットフォームに対する誤った認識に起因していることが多い。

 具体的には、「アプリケーションはスタンドアロンサーバ、もしくはx86サーバ上で仮想化して実行することが最適である」といったものだ。今回、IT調査会社のRobert Frances Group(以下、RFG)による比較検証では、Linuxソリューションがx86ソリューションに対して優れているという10のポイントについて報告されている。

 本コンテンツは、RFGによる、さまざまな地域における、複数のワークロードを実装したLinuxサーバと、x86サーバの総所有コスト(TCO)の比較検証レポートである。ワークロードの数の違いによるコスト比較に加え、リソースの使用効率についても比較がされており、サーバ環境の検討の際には、必読の内容となっている。詳しく見てみよう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/08/23
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ653 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け