レポート

ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社

専用ストレージネットワークを検討すべき理由――業務への影響はどれほどか?

モバイル活用やビッグデータ分析などさまざまなアプリケーションの利用が進み、企業システムのワークロードは増加する一方だ。業務の遅延や停滞が顕在化する前に、この問題を解決するため、多くの企業では専用ストレージネットワークの導入が活発になっている。

要約

 モバイルデバイスのメッセージング、大量データを利用した分析作業、リッチコンテンツの配信・編集といった新しい仕組みの導入、データ暗号化など、逼迫(ひっぱく)気味のシステムネットワークに、新たなワークロードが日々追加されている。こうした状況から、IT部門ではユーザーの業務遅延や停滞を防ぐ根本的な対策を模索している。

 その有効な対策の1つが、専用ストレージネットワークの導入だ。多くの企業で導入がされており、大量データの分析を始める企業では当初から専用のストレージシステムを導入するケースも多い。また、セルフBIの活用が進み、個別分析に使うデータを専用ストレージネットワークで利用するといったケースも出てきた。

 本ホワイトペーパーは、米調査会社Forrester Consultingによる業務遂行に不可欠なワークロードで利用される、専用ストレージネットワークやSAN戦略についての調査結果である。ユーザーのストレージ環境の課題を浮き彫りにしつつ、専用ストレージネットワークが及ぼす業務への影響について、調査対象企業の声とともに解説している。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/08/08
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ556 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け