製品資料

株式会社ネットワールド

中小企業でも手が届く高度なストレージシステム、低コストでBCP/DRも実現

ストレージ価格の低下により、中小規模の企業でも暗号化機能や自動階層化機能などを備えたフラッシュストレージを導入できるようになった。さらに同一ベンダーから提供される仮想アプライアンス版ストレージと連携することで、より多くのコスト削減効果も期待できる。

要約

 この数年でオールフラッシュストレージやハイブリッドストレージの価格は大きく下がり、エントリーレンジの価格帯にも高いスペックを備えた製品が登場している。これにより中小規模の企業でも高度なストレージシステムを導入できるようになった。

 近年のエントリークラス製品に見られる傾向としては、高機能化と多機能化が進んだことが挙げられる。例えば、SANとNASの両方が使え、暗号化機能や自動階層化機能などのライセンスを標準搭載した統合型製品により、運用コストの削減効果はより大きなものとなっている。

 さらに注目したいのは、同一ベンダーから無償もしくはサブスクリプション課金で提供される仮想アプライアンス版ストレージだ。本社の物理版、支店の仮想版の間でレプリケーションを行えばBCP/DR対策も低コストで実現可能だ。このようなエントリークラス製品にはどのような選択肢があり、仮想版の導入はどれだけ簡単にできるのか、さらに詳しく見ていこう。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/06/30
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間25ページ
ファイルサイズ2.93 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模中堅・中小企業