製品資料

株式会社トライテック

サーバの次はストレージも仮想化、ソフトウェア実装による仮想SANの実力

クラウドを十分に活用する上で重要となるストレージ仮想化。実現するソリューションは数多くあるが、導入コストや運用面で断念する企業も多い。そこで、既存資産を生かしながらソフトウェアで仮想化する、仮想SANストレージを紹介する。

要約

 クラウドシステムにおいてはサーバの仮想化だけでなく、ストレージも仮想化することで高い可用性を生み出すことが可能になる。ストレージ仮想化がされなければ、サーバ側の処理がいくら高速化してもパフォーマンスのボトルネックとなり、コスト効率も上がらない。そして今、仮想化はハードウェアからソフトウェアに、従来のストレージシステムをそのまま活用しながら実装する方法が登場している。

 ストレージの仮想化は単一のプールのように容量を一元管理し、可用性の向上と適切な容量の確保が目的になる。実現にはレプリケーション、シンプロビジョニング、スナップショット、ストライピング処理など、さまざまな機能が必要だ。当然、信頼性や効率性、高い処理性能も求められる。

 本ホワイトペーパーは、これらの要件を満たし、オールインワンで提供するソフトウェアを紹介する。複数のサーバ群による分散レプリケーション、独自のアルゴリズムによる協調動作、高速性と高信頼性を実現する仮想SANストレージソリューションの仕組みが分かる。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/05/13
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ322 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け