製品資料

日本マイクロソフト株式会社

「あえて作り込まない」が正解? 運用重視の業務アプリ開発とは

業務アプリケーションのライフサイクルが短くなり、多くの企業がICTに業務を合わせるか、業務にICTを合わせるかといった問題に直面している。そこに第3の解決策として登場したのが簡易業務アプリケーションの開発基盤だ。

要約

 急速なビジネスの変化とITテクノロジーの進化により、業務アプリケーションのライフサイクルはさらに短くなった。特定の業務が発生するたびにフルスクラッチでアプリケーションを外注するような従来の方法では、要件の変化に対応できず、コストは膨らむばかりだ。

 ここで多くの企業が、古くなったICTに業務を無理やり合わせるか、多くの費用を投じてICTを業務に完全に合わせるかという選択をする。しかし、「ビジネスの旬」を狙うのであれば、些末な使い勝手よりもリリース時期や運用の定着を重視した短いサイクルの開発を続けた方が効果は高いといえる。

 本コンテンツでは、業務アプリケーションを短期間、低コストで作成できるクラウドベースの開発基盤について説明している。日々の業務で使われるOffice 365などMicrosoft製品との連携もでき、アプリケーションの一元管理、マルチデバイス対応などのメリットも生かした開発ができる。これから業務アプリケーション活用はどのように進められるようになるのか、ぜひ確認してもらいたい。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. IT(情報技術)へのお客様自身の関わり方として 当てはまるものをお聞かせください (1つだけ)(必須)
Q2. お客様の役割についてお聞かせください(近いものをお選びください) (1つだけ)(必須)
Q3. ソリューションや製品 / サービスの「導入決定」に関するお立場をお伺いします (1つだけ)(必須)
Q4. ご紹介したソリューションや製品 / サービスを導入するための「ご予算」についてお伺いします(1つだけ)(必須)
Q5. E-mailでの情報提供を希望する(マイクロソフトの個人情報利用目的および提供に同意する)(必須)
Q6. 郵送での情報提供を希望する(マイクロソフトの個人情報利用目的および提供に同意する)(必須)
Q7. 電話での情報提供を希望する(マイクロソフトの個人情報利用目的および提供に同意する)(必須)
Q8. 閲覧に際し、下記の「個人情報の取り扱いに関して」をご確認ください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/04/28
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ3.62 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け