レポート

株式会社ベリサーブ

マルチソース開発でのオープンソース利用で見逃されやすい2つのリスク

オープンソースでシステム関連コストを大幅に削減する事例が次々と生まれている。今や多くの企業が積極的に利用を進めているが、過小評価されがちな「運用リスク」と「セキュリティリスク」を正しく認識できているだろうか。

要約

 システム関連コストを低減するため、オープンソースの利用が広まっている。先行する米国では、既にソフトウェアパッケージの80%以上で利用され、ミッションクリティカル用途でもオープンソースが活躍、50万〜100万ドルのコスト削減効果も生まれていると調査会社ガートナーが報告している。

 それではオープンソースのメリットを最大化するために、想定されるリスクは何だろうか。本ホワイトペーパーでは、要注意のポイントであるが過小評価されがちな「運用リスク」と「セキュリティリスク」について解説し、課題別に具体的な対処法が示されている。

 マルチソース開発環境でオープンソースを扱う場合において、コードに何が含まれているか、ガバナンス順守、品質と信頼性と互換性の問題、技術障害や可用性の影響などの課題について、リスクの回避と管理を考えるための重要な資料になるだろう。


会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/04/20
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ361 KB
対象業種製造、情報通信、金融・保険
対象企業規模全企業規模向け