事例

株式会社オープンストリーム

三菱重工業やOlympicのスマートデバイス活用を支える長期安定運用の仕組み

スマートデバイスを活用して業務改善を目指す企業は多い。しかし基幹系システムやクラウドとの連携、大量のデータ処理などで大規模なシステム開発が新たに発生し、壁に阻まれている例も多い。高い開発生産性を持つプラットフォームによる柔軟で長期運用可能な仕組みとは。

要約

 タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスを活用してペーパーレス化や業務の見える化を目指す企業にとって、大きな課題は開発生産性とメンテナンス性だ。基幹系システムやクラウドとの連携、大量のデータ処理が必要となる場合もある。そうなればアプリケーションを含めた大規模な新規システム開発まで実施しなくてはならない上に、ビジネス変化への追従も困難だ。

 ここで重要になるのがアプリケーションプラットフォームである。業務システムが必要とする操作性やレスポンスを維持しながら、一般的なWebシステムと同様にアプリケーションの自動配布を実施することでメンテナンスコストが削減できる。さらにスマートデバイスとハンディターミナルでアプリケーション資産の共用も可能になり、長期にわたる安定運用も期待される。

 本ホワイトペーパーは、三菱重工業が本工場で生産現場の見える化を実現するまでや、小売チェーンOlympicによる老朽化した店舗端末の大幅リニューアルなどをまとめた、スマートデバイスの業務活用事例集だ。マルチデバイス環境での利用やBYODの実現など内容も多岐にわたっており、業務システムのユーザーインタフェースを効率的に開発する手法が学べる。

会員限定で続きがご覧になれます。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/04/08
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間26ページ
ファイルサイズ1.66 MB
対象業種製造、流通、飲食・宿泊
対象企業規模中堅・中小企業