事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

モバイル活用のために乗り越えるべき4つの課題――3社の事例に学ぶ

多くの企業のモバイル活用の実態は、電子メールとスケジュール管理が中心であることが多い。しかし、今後はスマートデバイスの活用度が、その成長に差をつける要因になると予想される。先行企業の事例からモバイル活用促進のヒントを探ってみたい。

要約

 多くの企業がモバイル活用を進めているが、IDC Japanが2015年3月に行った調査では、電子メールとスケジュール管理を除き、3つ以上のモバイルアプリケーションを使っていると答えた企業はわずか17%であった。

 こうした現状を変えるためには、モバイル活用のための課題を克服しなくてはならない。「費用対効果が見えない」「IT部門と事業部門の利害調整が難しい」「セキュリティとコンプライアンスへの不安を解消できない」「既存のデバイス運用や管理に忙殺され、モバイル対応まで手が回らない」という4つの課題である。

 本ホワイトペーパーは、これらの課題を乗り越えて、スマートデバイスの利用を促進している先行企業の事例である。消費財製造販売企業でのタブレット展開、大手小売企業でのモバイルサービスの社員展開など、各社はどのような取り組みを実践しているのか。その取り組みプロセスを成功のポイントと併せて解説する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2016/03/31
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ1.63 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け