レポート

株式会社オーシャンブリッジ

永久ライセンスが廃止されるAutoCAD、コスト最適化に向けたライセンス見直しの注目点

CADで代表的ソフトの1つである「AutoCAD」だが、2016年1月31日をもって新規の永久ライセンス販売を終了する。これに伴って、ライセンスコストを見直すユーザーが増えている。利用形態に合わせた「コスト最適化」のポイントは、どこだろうか。

要約

 製造業にとどまらず、幅広い企業の設計業務に利用されているCADソフト「AutoCAD」は、2016年1月31日をもって新規の永久ライセンスが販売終了となる。今後のライセンス戦略としては、期限前に最新の永久ライセンスを買い直すか、新しいサブスクリプションによる毎月もしくは毎年の支払いにするかの選択を迫られる。

 ライセンス見直しによるコスト最適化のポイントは、設計データを閲覧しかしないユーザーのライセンスをどうするかだ。もともと閲覧だけで済むユーザーは、設計業務の専門外であるケースも多く、複雑な機能を持つAutoCADの全てを使いこなしているわけでもない。そこで閲覧のみのユーザーには、低コストなビュワーソフトを配賦してコストの最適化を図ることが考えられる。

 本ホワイトペーパーは、閲覧・比較・修正指示などの必要機能に絞ったことで、軽快かつ直感的な操作ができ、コストを抑えることに成功したAutoCAD対応ビュワーを紹介している。中部電力、カルソニックカンセイ、大林組など、幅広い業種が採用するビュワーの効果を事例とともに確認できる。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/12/03
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間20ページ
ファイルサイズ2.83 MB
対象業種製造、建設・不動産、官公庁
対象企業規模全企業規模向け