レポート

図研ネットウエイブ株式会社

10億ドル市場に急成長、“セキュリティ製品多過ぎ問題”を一掃する「UTMアプライアンス」とは

さまざまなベンダーのセキュリティ製品を導入することで、管理コストが掛かってしまう。その問題を解決する1つの手段として「UTMアプライアンス」があるがどのような製品なのだろう。

要約

 企業は、社内のシステムを守るべく、ファイアウォールやマルウェア対策、VPNなど多くのセキュリティ製品を導入する必要がある。しかし、さまざまなベンダーのセキュリティ製品を導入した場合、インタフェースの違いから管理が複雑になったり、膨大なコストが掛かってしまう。これらの問題を解決する1つの方法として「統合脅威管理(UTM)アプライアンス」がある。

 10億ドル市場に成長しつつあるUTMアプライアンスが一体どのような製品なのか、なぜ成長しているのかなど紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/11/18
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ324 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け