製品資料

株式会社インターコム

貴社のバックアップ体制は本当に大丈夫? 低コストでデータ保全を更に高める手法とは!

自社のバックアップ体制について、自信を持って「大丈夫だ」と言えるだろうか。コスト負担を考慮しつつ、現状のバックアップ体制をさらに強化できるツールを紹介する。

要約

 各種サーバしかバックアップ体制を講じていない企業は少なくない。しかしそれだけで十分とは言えない。なぜなら受発注情報などの販売管理データや取引先とのメールデータなど、損失により業務に支障をきたすデータは基幹サーバからPCまでさまざまなHDDに分散しているからだ。データを守るためには網羅的な体制が欠かせないが、一方で「コスト負担」というハードルも無視できない。企業にとって最適な体制を考える時、機能面とコスト面のバランスが最も重要となるだろう。

 このホワイトペーパーでは、現状のデータ保全体制をさらに強化できるコスト負担の少ないツール「SmartHDD Manager 2.0」を紹介する。基幹サーバからPCまでさまざまなHDDの故障を一括監視でき、被害が生じる前にドライブ交換などの対応が可能。さらに、故障状況に連動するバックアップ機能も備えている。機能紹介に加え、故障監視の仕組みや価格などの情報も掲載した。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2008/12/02
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間20ページ
ファイルサイズ2.88 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け