製品資料

ウイングアーク1st株式会社

これなら運用でつまずかない! 「紙の帳票運用の流れを変えない」電子化

膨大な帳票の印刷、仕分け、配送、保管に掛かるコストや作業効率の改善などの問題を解決するのが帳票電子化だが、運用負荷やセキュリティの低下を心配する声がある。既存の運用フローを変えず、安全にメリットを享受できる帳票電子化の方法とは?

要約

 伝票や帳簿、申請書類といった企業取引に不可欠の「帳票」は、基幹システムから自動的に紙で印刷され、各部門宛に仕分け、配送、保管する運用が一般的だ。帳票電子化は、こうした保管、配送に掛かるコスト削減や、作業効率性の改善、紛失のリスク低減といったメリットをもたらすが、一方で、運用変更に対応するためのコストや、セキュリティの低下、ディスク容量不足による新たなIT投資といった「心配の声」があるのも事実だ。

 本資料は、従来の紙による帳票運用フローはなるべく変えず、電子化のメリットを享受する解決策を紹介する。強固なセキュリティを保ちつつ、PDF形式による帳票の取り込みや、高度な仕分けによる高い検索性、PCやタブレットによる帳票データの利活用などにより、さまざまな業務への適用が可能だ。情報システム部門や業務現場でのマネジメント担当者にはぜひ参考にしてもらいたい内容だ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/04/27
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間1ページ
ファイルサイズ3.26 MB
対象業種製造、建設・不動産
対象企業規模全企業規模向け