レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

「第3のプラットフォーム」に対応するためのシステム改革の要点とは?

ビッグデータやモバイル、クラウドなど新しいテクノロジー活用のニーズを満たすシステムに、企業のIT部門はどう取り組むべきか。既存システムを生かしながら新しいテクノロジーに対応していく上で挙げられるシステム環境の課題と解決策を中長期的な観点で考えていく。

要約

 ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルテクノロジーが新しいプラットフォームとして台頭してきた。IDCはこれを「第3のプラットフォーム」と呼び、コンピューティングとビジネスの在り方を根本的に変革すると予測する。

 業務や顧客接点において、モバイルやソーシャルテクノロジーがますます活用され、そこから得られたビックデータをクラウドコンピューティング基盤で分析していく。こういったケースが現在よりも一般化し、そこで得られた知見がビジネス価値を高めていく。しかし、既存のシステムを生かしながら新しい変化にどう対応していけばよいのか。

 本資料では、第3のプラットフォームの台頭により、それをサポートするインフラストラクチャの整備が重要課題だと位置付ける。包括的にデータ管理を行い、多様なワークロードを単一のアーキテクチャ上に実装したシステムこそが新しい変化に対応できるとし、「IBM Power Systems」「IBM POWER8」を例に挙げ、「第3のプラットフォーム」がフル稼働する世界を具体的に解説している。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/04/02
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ869 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け