技術文書

日本オラクル株式会社

危機感が広がる「内部犯行による情報漏えい」、データベースセキュリティが重要な理由とは

内部関係者による情報漏えい事件の対策に危機感を持つ企業が注目しているのがデータベースそのものを保護することによるセキュリティ強化だ。昨今の事件からみる脅威と今求められる対策を分かりやすく解説。

要約

 企業や官公庁で相次ぐ情報漏えい事件。システムの脆弱性を突くなど従来の攻撃手法の他、電子メールを使った標的型攻撃も多く見られ、重要情報を抱える組織の危機感が高まっている。また、近年は内部関係者による情報漏えい事件も多く発生し、外部からの攻撃を想定した従来のセキュリティ対策だけでは不十分ともいわれている。

 当コンテンツでは、機密情報を守るためのセキュリティ対策を解説する。「入口」「出口」を守ることで情報を保護する従来の標的型攻撃対策に加えて、「情報の金庫」であるデータベースのセキュリティ機能を高めることで、内部関係者による情報漏えいなど、突発的な攻撃にも対応できることを説明。当コンテンツは情報管理に関わる人にとって必読といえるだろう。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします
Q1. オラクル製品と貴方の関係をお聞かせください(必須)
Q2. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q6. 閲覧に際し、冒頭の個人情報の利用許諾についてご確認ください。(必須)

コンテンツ情報

公開日2015/01/13
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ2.61 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け