技術文書

日本コンピュウェア株式会社

ITIL v3のライフサイクルの5つのフェーズを具体化する方法とは?

ITIL V3で定義されたライフサイクルで求められる要件と、それを実現する日本コンピュウェアのソリューション「Vantage」の概要を紹介する。

要約

 今や企業にとって、ITシステムは社内で完結するものではなく、社外のさまざまなステークホルダーに対して影響を及ぼすものとなっている。つまり、今まで以上に、ITシステムにおいてビジネス要件が求めるものを実装することが重要となっているのだ。だが、個別最適の観点に立った従来のIT管理手法を、ビジネスの観点に立ったライフサイクル管理へと発展させるには、どうすればいいのだろうか?

 本ホワイトペーパーでは、日本コンピュウェアが提供するITサービス管理ソリューション「Vantage」が、ITIL V3で定義されたライフサイクルおよびサポートプロセス(サービスストラテジ、サービスオペレーション、サービスデザイン、サービストランジション、継続的サービス改善、を含む)に沿って、どのようにビジネスが求めるITシステムを実現していくのかを解説する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2008/09/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ788 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

アプリケーションサービス管理ソリューション
日本コンピュウェアのVantageファミリーは、複数のツールで構成されたスイート製品で、ネットワーク、サーバー、アプリケーション処理等のさまざまな視点から、アプリケーションのパフォーマンス管理をサポートしています。