技術文書

日本ヒューレット・パッカード株式会社

スケールアウト型ストレージによるHyper-Vクラスタ構築手順書

仮想化で求められる可用性、管理性の向上とコスト削減を可能にするのは、スケールアウト型のクラスタストレージだ。本資料は、クラスタストレージでHyper-Vクラスタを構築する手順を紹介したハンズオンガイドだ。

要約

 仮想化環境の変化するニーズに対応するには、可用性、拡張性、管理性にすぐれ、コスト削減を実現するスケールアウト型のストレージプラットフォームが有効だ。本資料は、スケールアウト型のクラスタストレージ「HP StoreVirtual 4000 Storage」を使用して、Windows Server 2012 R2 Failover Clusterによる、Hyper-V高可用性クラスタを構成する手順を紹介したガイドブックだ。

 OSのインストールなど手順の前提条件の確認から、StoreVirtualの初期設定、ネットワークの設定、役割と機能のインストール、共有ボリュームの作成とサーバの割り当て、記憶域の設定、クラスタの作成と設定、仮想マシンの作成と設定、クラスタ環境上の仮想マシン動作テスト、といった流れで手順を解説する。画面ショットを交えての説明で、見ながら作業を行うことができる。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 閲覧に際し、以下の「個人情報の取り扱いに関して」をご確認ください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/09/26
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間83ページ
ファイルサイズ9.31 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け