製品資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

ゆるキャラが解説!!マンガで分かるストレージ仮想化 予測できない性能/容量需要に対応するには?

クラウド、仮想化が一般化した現在、将来の予測できないストレージ需要に柔軟に対応するための有効な手段として注目されている「ストレージの仮想化」。そのメリットと実際にストレージを仮想化する際の注意点を分かりやすく解説する。

要約

 既に身近になってきているクラウドや仮想化でも、導入が進むにつれて従来型のストレージでは拡張性に限界が生じている。ある程度の規模でスタートしても、容量が増えてディスクを追加したり、仮想サーバを追加する必要が出てくる。クラウドであれば、サービスの増強と予想できない需要の変化に対応していかなければならない。従来型のストレージでは容量や性能が装置ごとの能力で決まってくるため、ビジネスの拡大に対応できなくなる恐れがある。

 予測できない性能やデータ容量の需要変化に柔軟に対応していくためには「ストレージの仮想化」が有力な解となる。このホワイトペーパーでは、Intel(R)Xeon(R)E5-2620搭載、HP StoreVirtualを採用することにより、ストレージを仮想化することのメリットや、実際にストレージを仮想化する際に直面する課題と解決方法を、分かりやすくマンガで解説する。クラウド、仮想化時代に、スモールスタートでビジネスニーズの変化にタイムリーかつ柔軟に対応できる仕組みを詳しく紹介していこう。

※Intel、インテル、インテルロゴ、Intel Inside、Intel Insideロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 閲覧に際し、以下の「個人情報の取り扱いに関して」をご確認ください(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/09/17
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間20ページ
ファイルサイズ2.64 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け