Webキャスト

レッドハット株式会社

「Red Hat Enterprise Linux 7」の目玉機能、コンテナ管理ツール「Docker」とは?

最新版「Red Hat Enterprise Linux 7」に搭載されたコンテナ管理ツール「Docker」について、分かりやすく紹介する。

要約

 「Red Hat Enterprise Linux 7」の新機能の中でも話題になっているのが、コンテナ管理ツール「Docker」の搭載だ。Dockerは、Linuxコンテナ(LXC)を活用するためのツールで、コンテナ内部で動かすアプリケーション環境の管理を容易にする。

 本コンテンツは、Linuxコンテナについての基本的な解説から、Dockerの機能までを分かりやすく解説していく。また、開発・テスト・本番、全ての環境をDockerイメージで受け渡しすることでDevOpsの実現が容易になる例を紹介。Dockerに対するRed Hatの取り組みについても説明する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/08/26
フォーマットURL
種類Webキャスト
ページ数/視聴時間8分47秒
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け