事例

ダウジャパン株式会社

300万ユーザーを抱える国内通信キャリアのスパム対策はどのように行われているのか?

某国内通信キャリアが、顧客向けスパム対策をより強固にするためにスパム対策システムをリプレースした。300万ユーザーという大量メールのスパム対策はどのように行われているのか?

要約

 300万ユーザーを抱える某国内通信キャリアでは、スパム対策に使用していた既存製品の老朽化を機に、新しいスパム遮断システムの導入を検討することになった。

 通信キャリアにとって、ユーザーに提供するメールシステムが止まらないことは大前提である。また、300万ユーザー向けのスパム対策のため、大量のメールの高速処理が必要だ。さらにはメールサーバの保護のために流量制限の機能も重要な要素となる。

 この資料では、その国内通信キャリアが顧客向けスパム対策に選んだソリューションの選定経緯と導入効果を、図解の導入構成を含めて分かりやすく紹介している。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q2. スパム対策および、メールセキュリティ製品についてお聞きします。現在貴社で導入済みの製品があれば選択してください。(必須)
Q3. 自社で利用中のスパム対策および、メールセキュリティ製品の満足度を教えてください。(必須)
Q4. 現在利用中のメールセキュリティ製品のリプレース時期を教えてください。(必須)
Q5. 今後、弊社からの対応についてのご希望をお聞かせください。(任意回答)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/03/06
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ737 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け