技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 2月19日号:次世代ホットスポット「NGH」徹底解説

自動化された接続機能と企業ネットワークと同等のセキュリティにより、公衆無線LANが生まれ変わる。その詳細を徹底解説。他に、ウェアラブル端末の市場分析、ARMチップ設計者へのインタビュー、Googleを超える企業検索サービス構築事例などをお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 2月19日号は、以下の記事で構成されています。

■CIOとアナリストに聞いた、2014年に投資すべきITテクノロジー
 2014年は何にIT投資すべきなのか? 企業は何にIT投資するつもりなのか? さまざまなソースから、2014年の展望と課題を占う。
■期待が高まる「ウェアラブル端末の業務利用」、その用途は?
 Google Glassに対する賛否もある中、ウェアラブル端末が熱い注目を集めている。コンシューマー用途だけでなく、企業での活用についても検討すべきときがきている。
■Googleを超えるカナダの企業検索サービスはいかにして生まれたのか
 カナダのYellow Pagesは、印刷ベースの電話帳を編集していたころに収集したデータを再利用して、カナダで最も正確な業務用検索エンジンを構築しようとしている。
■ARMチップ共同設計者ファーバー氏が語る、チップ業界のイノベーション
 ARMチップの共同設計者、スティーヴン・ファーバー氏がComputer Weeklyのインタビューに応じた。彼が見るモノのインターネットの展望とチップ業界の現状とは?
■セキュアで便利、期待の次世代ホットスポット「NGH」
 現在の公衆無線LAN(ホットスポット)は、接続が面倒なだけでなくセキュリティ面でも不安がある。この問題を解決するのが、次世代ホットスポットであるNGH だ。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/02/19
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間1ページ
ファイルサイズ3.43 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け