技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 2月5日号:仮想化コストを増大させる勘違い

ITインフラのコストはまだまだ下げられる! 巻頭特集では、仮想化のコストを削減する3つの方法を解説。さらに、高騰し続ける電力コストを打開する新しいサーバ製品の可能性を検証。他にも、イングランド銀行CIOインタビュー、PCIe SSD主要ベンダーの動向解説をお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 2月5日号は、以下の記事で構成されています。

■仮想化のコストを大幅に削減する3つの処方せん
 仮想化してもコストが下がらない。それどころかコストが増大する可能性もある。仮想化のコストに悩む企業は、以下の3つの手法を検討すべきだ。
■HP Moonshotサーバは電力コスト問題の福音となるか?
 迫り来るエネルギー問題への取り組みとして新しいサーバが開発されている。このサーバは、データセンターのハードウェアよりもノートPCとの共通点を多く備えている。
■「原始的」なビデオ会議システムを近代化した欧州原子核研究機構(CERN)
 1990年代に独自のビデオ会議システムを開発したCERNが、システムを全面リプレース。厳しい要求を満たし世界中の科学者から好評を博したビデオ会議ソリューションとは?
■保守的な銀行業務とイノベーションを両立するBank of England
 銀行のIT部門が直面する課題について、英国中央銀行であるBank of Englandのジョン・フィンチCIOに聞いた。
■PCIe SSDの頂点をめぐる戦い
 PCIeスロットに直接挿入することで大幅な低遅延を実現するPCIe SSDストレージ。主要ベンダーの動向と製品を紹介する。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/02/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間1ページ
ファイルサイズ3.16 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け