技術文書

アイティメディア株式会社

別冊Computer Weekly パブリッククラウドのススメ

他社とハードウェアリソースを共有するパブリッククラウドへの懸念は根強い。一方で、スケーラビリティの確保や保守・運用コストの削減といったメリットもある。リスクを最小化してメリットを最大限に享受するには?

要約

 「所有から利用へ」。ITのパラダイムシフトをもたらしたのがパブリッククラウドだ。企業は保守・運用から解放され、必要なリソースを必要なときに必要なだけ利用できる柔軟性とスケーラビリティを享受できる。一方で、セキュリティ上の懸念やコンプライアンスによる制約から、パブリッククラウドの導入をためらう声もある。

 本コンテンツでは、パブリッククラウドの提供者へのインタビューと2つの導入事例を通して、パブリッククラウドの意義や使い方を問いなおす。あらためてそのメリットや懸念点の解決方法を紹介し、パブリッククラウド導入を検討する際の一助としたい。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/01/15
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ2.69 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け