事例

レノボ・ジャパン株式会社

約3600台のPC短期リプレース事例:日揮がグローバルで選んだPCとは?

世界各地のプロジェクトに参画するグローバル企業 日揮が、約3600台のPC一括リプレース。導入の決め手となったOSイメージングサービスの効果を、日揮の導入事例から見ていこう。

要約

 アジア、中近東、アフリカ、南米、オセアニアなど世界各地の国家プロジェクトに参画し、グローバル展開を進めるエンジニアリング会社の日揮。

 同社は、4年間隔でPCのリプレースを実施しており、今回のリプレース実施には、前回の課題から、屋外使用などの条件に耐え得る軽量、堅牢な高性能PCであることと、進行中のプロジェクトへの影響を考え、短期間で大量のリプレースが可能なことの2点を導入のポイントとした。

 上記2点を考慮して、今回同社は約3600台のPCをリプレース。この資料では、同社が選んだPC製品の選定理由とリプレース効果を、担当者へのインタビューを基に紹介する。特に短期導入に大きく寄与したという、OSイメージングサービスの内容と効果を詳しく紹介していこう。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/12/26
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ1.91 MB
対象業種製造、建設・不動産、公益事業
対象企業規模大企業