製品資料

ダウジャパン株式会社

50%のコスト削減は可能か? スパム対策製品比較と事例集

メールセキュリティの導入・リプレースを検討している企業のために、スパム対策製品の比較結果と導入事例を紹介。やり方次第では約50%以上のコスト削減も夢ではない。リプレースのタイミングこそコスト削減の大きなチャンスだ。

要約

 企業は、3年から5、6年周期でさまざまなITシステムのリプレースを繰り返し実施している。ハードウェアはもとより、ソフトウェアのリプレースが必要になることも多く、そのコストは企業にとって大きな課題だ。

 また、製品自体の価格だけでなく、従来よりも運用効率を向上させ、総コストの削減を図ることも、重要なミッションの1つだ。そのため、こうしたリプレースのタイミングこそ、コスト削減の大きなチャンスといえる。リプレースを機に、製品価格や保守コストといった総コストを見直し、“賢いリプレース”を選択すれば、大幅なコスト削減を図ることが可能だ。

 この資料では、メールセキュリティのリプレースを検討している企業のために、スパム対策製品の比較結果と導入事例を紹介している。やり方次第で約50%以上のコスト削減も夢ではないスパム対策とは?

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q2. スパム対策および、メールセキュリティ製品についてお聞きします。現在貴社で導入済みの製品があれば選択してください。(必須)
Q3. 自社で利用中のスパム対策および、メールセキュリティ製品の満足度を教えてください。(必須)
Q4. 現在利用中のメールセキュリティ製品のリプレース時期を教えてください。(必須)
Q5. 今後、弊社からの対応についてのご希望をお聞かせください。(任意回答)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/01/14
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間29ページ
ファイルサイズ2.76 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け