技術文書

アイティメディア株式会社

別冊Computer Weekly 情報漏えい対策最終防衛ライン

部内者や巧妙化する標的型攻撃といった脅威により、攻撃者を侵入させない「水際防衛」は困難になっている。既に戦場は社内ネットワークに移っている。それでも情報を守るにはをすべきなのか?

要約

 セキュリティ対策の基本は、ファイアウォールやIDS/IPSなどによる侵入対策だ。だが、巧妙化する標的型攻撃や部内者による犯行はそうした「水際防衛」では防げない。これからは、「侵入させないこと」と同時に「侵入されても守る」方法を考え、実施していかなければならない。

 本コンテンツは、「Computer Weekly日本語版」の中から情報漏えい対策関連の記事を集めて再編集したものである。部内者の犯行を防ぐ方法、侵入者から情報を守る方法など、ゲートウェイを突破してきた脅威に対抗するヒントを提供する。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/11/13
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ2.79 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け