製品資料

エクストリーム ネットワークス株式会社

ゼロデイ攻撃を予防するアプライアンスの仕組みを解説

エクストリーム ネットワークスが提供するギガビット対応セキュリティアプライアンスは、なぜ事前にゼロデイ攻撃を察知できるのか? その機能や動作を読み解く。

要約

 ネットワークのセキュリティを確保するため、IT管理者はさまざまな対策を施している。アンチウイルスやファイアウォール、IDS(侵入検知システム)/IPS(侵入防止システム)などがその例だ。しかし、これらの製品だけでいわゆる「ゼロデイ攻撃」への予防措置を取るのは難しい。さらに、モバイル環境の普及により外部からの脅威による被害も深刻化している。例えば、持ち込みPCがウイルスなどに感染していた場合、数分単位でネットワーク機能が停止してしまう可能性がある。

 セキュリティ脅威がネットワーク全体に拡散する前に、その被害を防止してネットワークの安全を守るためにはどうすればよいのか? エクストリーム ネットワークスが提供する「Sentriant NG300」は、ネットワーク上の「ふるまい」を常時監視し、ゼロデイ攻撃による被害を未然に防ぐセキュリティアプライアンス製品。このホワイトペーパーでは、同製品の動作の仕組みや検知方法について解説する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2008/05/15
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ2.48 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け