事例

デル株式会社

アニメ・映画・CMを手掛けるCG制作現場が選んだワークステーションの処理性能とは

CG制作、および映像技術の研究開発を担うオー・エル・エム・デジタル。150人以上のクリエイターを要し、最新映像技術の研究開発まで行う同社が、100台以上の大量導入を決断したワークステーションとは何だったのか?

要約

 数多くのアニメーション、映画やCMなどのCG制作を手掛けるオー・エル・エム グループ。同グループにおいて、CG制作、および映像技術の研究開発を担うのがオー・エル・エム・デジタルだ。

 クリエイターの作業効率を高め、作品づくりに集中できる環境を整えている同社にとって、「ワークステーション」は重要なツールとなる。最新のスペックを備えたワークステーションは、クリエイターの作業効率のアップ、ひいては作品の品質向上に不可欠だからだ。そうした理由から、同社はスタッフの増員に応じてワークステーションを新規導入するとともに、そのリプレースを継続的に実施し、制作環境のブラッシュアップを進めてきた。

 本稿では、同社におけるワークステーション選定の要件とともに、合計100台以上の大量導入を実施したワークステーションの選定理由と導入効果を担当者に聞いた。厳しい要件を満たし、大量のデジタルデータを扱って制作を行う高付加作業でも安定して動くワークステーションは何だったのか?

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/11/11
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ3.73 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け