レポート

アイティメディア株式会社

8.1 Previewで問い直す、Windowsトレンドと今、情シスが持つべき着眼点

2012年10月に発表され、市場の賛否両論を呼んだWindows 8。その最初のサービスパックの位置付けとなるWindows 8.1は企業にどのようなインパクトをもたらすのか。今あらためてWindowsを取り巻く環境を整理し、今後あるべき業務環境のポイントを探る。

要約

 2012年10月26日に登場したWindows 8はUIや使い勝手が大きく変わり、市場に賛否両論をもたらした。とりわけ無用な変化を避けたい企業ユーザーの間ではネガティブに捉えられる傾向が強く、Windows 7への移行過程にある企業が多いことも受けて、8移行の動きは限定的なものとなった。
 
 こうした中、2013年6月27日(日本時間)にWindows 8.1 Previewが公開。Windows 8が再び市場の関心を集める中、米MicrosoftのCEO スティーブ・バルマー氏は2013年6月26日、同社の開発者向けイベント「BUILD 2013」で「高速リリースサイクルをWindowsにも適用する」方針を発表した。

 長年の間、多くの企業でビジネスの遂行環境となってきたWindows。そのバージョン8.1の登場をはじめ、XPからの移行問題、モバイルによるWindows以外のOSの浸透など、昨今、業務環境=OSはあらゆる変化にさらされている。今後、ビジネスの進展を安定的・継続的に支えるために、情報システム部門は何に留意すればよいのだろうか? ――今回はガートナー ジャパン リサーチ IT インフラストラクチャ&セキュリティ シニアアナリストの針生恵理氏に取材。Windows 8.1 Previewの話題を中心に、Windowsを取りまく現状と情報システム部門が着目すべきポイントを探った。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/07/24
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ1.66 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け