事例

株式会社ネクスウェイ

ワコールの事例にみるEDIシステムのサービス利用を決めた理由とその選定基準とは?

EDIシステムの刷新。これまでの課題を解決し、将来の備えとなるEDIシステムとしてワコールが、EDIサービスを選んだ理由と選定のポイントを紹介する。

要約

 女性用下着で知られるワコールでは、グループ会社の流通BMSの対応、自社の既存EDIシステムの保守切れを機にグループ全体でのEDIシステムの刷新に取り組んだ。

 ワコールでは、グループ内でシステムを可能な限り共通化していくという大方針のもと検討が進められた。取引データの通信という点では共通化への障害もなく、また、グループ各社とのナレッジを活用されやすくなる。という点で、統一して使用できるEDIインフラの選定を行った。

 グループ内での共通インフラ化をするにあたり、なぜ自社構築型のEDIパッケージではなく、サービス利用を選んだのか?またサービス選定時に求めた条件は何だったのか? 導入までの検討内容を見ていこう。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/06/27
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.30 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け