レポート

アイティメディア株式会社

結局、DevOpsとは何か? 〜その真の姿とサイバーエージェントに聞く実践の勘所〜

近年、開発部門と運用部門が連携する「DevOps」という言葉が注目されている。この言葉が注目される背景とは何なのか? その意義と効用、実践のポイントとは何か? 国内DevOpsトレンドの最前線を取材し、その真の姿を探った。

要約

 「DevOps」という言葉が注目を集めている。一言でいえば「Dev(開発担当者)とOps(運用担当者)が連携してアプリケーションのリリースサイクルを速める」といった概念だ。国内では2011年ごろから企業の関心を集めつつあるが、背景には市場競争の激化があるといわれている。

 というのも、移り変わる市場に追従するためには、速いペースでサービスをリリースし、ニーズをくみ取りながらスピーディに改善を重ねる、アジャイルのアプローチが不可欠となる。そしてEコマースをはじめ、多くのサービスをITシステムが支えている今、まさしくシステム開発・運用の在り方を見直すことが、生き残りの重要な鍵になるためだ。

 だが「開発と運用が連携する」といっても、両者の間には「スピードが求められる開発部門」「安定が求められる運用部門」という相反するミッションを持つがゆえの壁が常に横たわってきた。この壁をどう崩すのか――その方法論がDevOpsというわけだ。今回はこのDevOpsについて日本IBM、日本HPにその解釈を聞くとともに、DevOpsを実践しているサイバーエージェントの桑野章弘氏にインタビュー。イメージでも理想像でもないリアルなDevOpsを探った。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/06/25
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間15ページ
ファイルサイズ1.23 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け