レポート

アイティメディア株式会社

「データサイエンティスト」の本当の役割

ビッグデータのトレンドを受けて、データサイエンティストという人材が注目されている。だが企業の間では、この言葉に対する過度の期待や誤解もあるようだ。あらためてデータサイエンティストの役割と意義を探る。

要約

 「データサイエンティスト」という言葉が注目を集めている。昨今、ビックデータのトレンドに乗って多くの企業が「分析」に関心を寄せてはいるが、思うように活用できていない。この言葉が注目される背景には、 金脈が眠るデータの山を前にして、それを掘り出す術がないもどかしさを解消してくれる人材への企業の渇望があるのだろう。

 だが「ビッグデータ」と同様に、「データサイエンティスト」という言葉もその役割に対する認識を置き去りにしたまま、飽和が始まりつつあるようだ。“分析スキルとITスキルを併せ持つ人材” といった認識はある程度浸透しているが、「今最もセクシーな職業」といったイメージばかりが先行している感が強い。

 では「データサイエンティスト」とは具体的に何を行う人材なのだろうか? その活動によって企業はどのような利益を享受できるのだろうか? 本稿では企業のデータ分析・活用を支援しているブレインパッド アナリティクスサービス部 ゼネラル・マネージャーの佐藤洋行氏にインタビュー。データサイエンティストの本当の役割を考えるとともに、企業がデータを生かせない真因と活用のポイントを探った。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/05/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ715 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。