事例

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社

事例を交えて紹介「セキュリティの可視化」を高価な専用機なしで実現する方法を解説。

セキュリティの強化および可視化を実現しながら40%の運用コストダウンに成功したユーザーから学ぶべきこととは?

要約

 日々巧妙化するネットワーク脅威に対して対策をとるも、コストも手間も増える一方だった某商社。初期投資を抑えながら煩雑になったセキュリティ機器を統合し、運用管理が容易になった。

 かねてから希望していた「セキュリティの見える化」も高価な専用機器を導入することなく実現した。

 管理者による社内セキュリティ・コンサルティングも可能となり、作成した月次レポートを役員会での報告に役立てている。

 「見える化」、「コスト削減」、そして「セキュリティ強化」。

 3つの希望を同時に叶えた同社から学ぶべきこととは?

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/05/09
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間2ページ
ファイルサイズ1.13 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模中堅・中小企業