レポート

アイティメディア株式会社

クラウド、モバイル、セキュリティよりも大切なこと

テクノロジーの進展とともに、ビジネスを有利に遂行するための手段は年々充実している。だが、あらゆるツール/サービスのメリットに注目するあまり、そのメリットを取りこぼすことなく、確実に享受するための施策が手薄になってはいないだろうか。

要約

 パブリッククラウドの浸透は、柔軟なビジネス展開を図る上で企業にとって格好の武器となった。だが同時にリスクも増した。サービスの利用状況やライセンスなどを正確に把握していなければ、サービスが乱立、重複してコストが増大してしまう。把握していないサービスがセキュリティホールになったり、ライセンス違反を犯してしまったりするリスクも増えた。IT資産を調達しやすい環境にある既存インフラにも同じことがいえる。

 この課題をストレートに捉えれば、解決策はIT資産管理ということになる。だがサービスや資産が乱立、重複する原因の一端は「なかなか対応してくれない情報システム部門への業務部門のストレスにある」と考えると、その一言でくくることは難しくなってくる。実現段階に入ったプライベートクラウドが「サービスの一元的な管理、提供」を求めると考えればなおさらだ。

 本稿ではソフトウェア資産管理とセキュリティ対策にフォーカスしつつ、クラウド、セキュリティ、モバイルなど、あらゆるIT活用に与えるIT資産管理のインパクトを考察。ITマネジメントの観点から、IT資産管理の新たな意義と実践の勘所を問い直す。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/04/23
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ894 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け