技術文書

日本オラクル株式会社

スマート・グリッドをよりスマートにする組み込みJava

組み込みJavaを使用したスマート・グリッドをよりスマートに構築する方法、および電力消費の多いデバイスに十分な電力を供給する方法を解説。

要約

 このホワイト・ペーパーでは、真にスマートなスマート・グリッドの構築に関する課題と、その構築にオラクル社の組み込みJavaプラットフォームを使用することのメリットについて説明する。

 電力供給不足に対する政府と企業の対応に関連して、オラクル社の組み込みJavaプラットフォームは、発電、送電および節約という各分野の橋渡しをするために進化を続けるエコシステムに注目している。特に重点を置いているのは、送電のラストマイルにおけるJavaの役割である。このラストマイルには、施設外にあるスマート・メーターとスマート・メーター・インフラストラクチャ、エネルギー・ゲートウェイ、施設内のディスプレイとスマート・アプライアンスなどが含まれる。

以下に項目を一部抜粋する。

- 新たなスマート・グリッドとJavaの役割
- スマート・グリッドの実装に関する課題
- ユーザー・インタフェース
- スマート・グリッド・アプリケーションにおけるJavaとAndroid
- リモート管理およびデバイス管理

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. 製品/サービスの導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連した製品/サービスの導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. 閲覧に際し、冒頭の個人情報の利用許諾についてご確認ください。(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/02/12
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間18ページ
ファイルサイズ725 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け