レポート

株式会社オーシャンブリッジ

ファイルサーバが容量不足になっても「ストレージ増設」を選択しなかった先進企業10社の理由

ファイルストレージの容量は、年間で平均50%〜70%も増加しているというが、単純にストレージの追加を行うだけでは問題は解決しない。本資料ではストレージの容量不足を抱えていた企業10社が、実際に取り組んだ解決方法について、実際のデータとともに紹介する。

要約

業務で利用するファイルデータが重くなりつつある中、ファイルストレージ容量は年々増加している。しかし、単純にストレージの追加を行うだけでは問題は解決しない。

なぜならストレージを増やすことで、導入にかかるコストや管理するストレージ対象が増えるだけでなく、バックアップ作業の時間が増え、また万が一、障害が起こった際にリストアを行うための「業務停止時間」が長時間化するといった、ストレージの運用・管理負荷の増大といった問題が発生するからだ。

本資料では、上記の様な課題を抱えていた企業10社が、実際に取り組んだ解決方法について、実際の数値データとともに紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2012/10/29
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間22ページ
ファイルサイズ4.05 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

ファイル軽量化ソリューション 『NXPowerLite』
ファイルサーバー上のOffice、JPEG、PDF、ZIPファイルを圧縮・軽量化し、容量不足を解消!これにより、ストレージコスト削減や、バックアップ、ウィルススキャン、リストア時間の短縮、ネットワークパフォーマンスの向上などを実現。

【無料】ファイルサーバーの使用量を簡単に測定可能
現在使用中のファイルサーバー容量や、実際にどういったファイルがどのくらいあるかなど、サーバーの現状について無料ですぐに測定することができます。また、そのサーバーがどのくらい容量を削減できるかも同時に試算することが可能です。