電子署名/透かし/PKI


ホワイトペーパー検索
  
     

18件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


製品資料

アドビ システムズ 株式会社

企業のデジタル変革への第一歩――「電子サイン」ポリシー策定を徹底解説

電子サイン導入時に課題となりやすい基本ポリシーの策定。最も重要なのが、企業に合った証明プロセスを見つけることだ。リスクに応じた方法が見つかれば、ポリシーで規定すべき事項も見えてくる。その効率的な策定手法を解説する。(2017/06/19)

製品資料

アドビ システムズ 株式会社

「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ

文書による承認の電子化は、契約業務などの効率化やコスト削減、顧客満足度の向上につながる。しかし、「電子サイン」と「電子署名」の違いを理解して、それぞれの特性を知った上でビジネスプロセスに採用する必要があるという。(2017/06/19)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

SSLサーバ証明書の「3つの手法」、複数のWebサーバの運用に最適なものは?

仮想環境では、単一のグローバルIPアドレス内に異なるドメイン名を持つ複数のWebサーバを構築できる。そのため、柔軟なサイト運営が可能となるが、SSLサーバ証明書の運用には課題が残る。そこで、複数の運用手法の中から最適なものを選択する方法を紹介する。(2017/03/21)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

そのSSLサーバ証明書では防げない──オンライン取引の詐欺被害を減らす2つの方法

オンライン取引が本格化してから約20年がたった現在、詐欺被害が頻発している。WebサイトにSSLサーバ証明書を導入していても、全ての証明書が同格ではない。DV証明書、OV/EV証明書、それぞれの違いを解説し、詐欺被害を減らすための2つの方法を提言する。(2017/03/21)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

米国監視プログラム「PRISM」に挑むTwitter、「HTTPSを標準実装すべき」

米国諜報機関による通信監視プログラム「PRISM」の発覚に伴い、ベンダー各社は対策に奔走した。多くのユーザー情報を抱えるTwitterも例外ではない。その同社が企業に呼びかけるのが、HTTPSの実装だ。その理由と詳細に迫る。(2017/03/21)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

いまさら聞けない、SSLサーバ証明書とルート証明書の関係

サイト開発の工程においてSSLサーバ証明書の設定が占める割合は非常に小さい。しかし、だからこそその仕組みを知っておくことによってトラブルの原因を回避することが重要だ。(2017/03/21)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

Android端末でも欠かせないセキュリティ対策

スマートフォンの利用者は急増しており、今後オンラインショッピングもスマートフォン経由で成長することが予想される。サイト運営者はデザインや操作性だけでなく、安全性の確保についてもしっかりと押さえておくことが必要だ。(2017/03/21)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

知らないと大きな差が出る、 SSLとドメイン名の密接な関係

もはや通信経路の暗号化に不可欠なSSLの利用。SSLにはドメイン名を共有する「共有SSL」と「独自ドメイン名+SSL」の2種類があるが、それぞれの利点と注意点を把握して適切に使い分けることが必要だ。(2017/03/21)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

何が危険なのか? 「Webサイト攻撃」と「偽証明書問題」

WebサイトやWebアプリの脆弱性を突いたサイバー攻撃が相次いでいる。一方、信頼性を担保するはずの電子証明書が偽造される事件も発生した。一体何が危険なのか? 企業が取るべき対策とは?(2017/03/21)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

今更聞けない、「クロスサイトスクリプティング」とは何か?

Webアプリケーションの攻撃手段としていまだに利用され続けている「クロスサイトスクリプティング(XSS)」。XSS攻撃が成立する仕組みとは? 脆弱性をなくす方法や被害を最小限に抑える方法は? 徹底解説する。(2017/03/21)

18件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後