IDS/IPS


ホワイトペーパー検索
  
     

18件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


比較資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

10社「IPS」を詳細比較、不正侵入の防御性能が高い製品は?

今、注目されるセキュリティ製品「IPS(不正侵入防御システム)」だが、その新機能の理解や評価はまだまだ広がっていない。多数の製品が各社から提供される中、どのような評価軸で比較すればいいのか、詳細な検証を行ったレポートを紹介する。(2017/03/23)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

7つのチェックで安心・納得、IPS(不正侵入防御システム)導入

サイバー攻撃の脅威が増大し、手口も悪質化している。貴重な情報資産を守るには、既存のセキュリティ対策では力不足だ。有効な対策として知られる「IPS」だが、導入を検討する際には、通信遅延の懸念など確認しておくべきことは多い。それでは、気になる主要な7つの点について解説しよう。(2017/03/23)

Webキャスト

日本アイ・ビー・エム株式会社

実は導入率がかなり低いIDS/IPS 運用負荷を理由に未導入で本当にいいのか

IDS/IPSは成熟した技術であり、セキュリティ対策の基礎となるものだが、実は導入率がかなり低い。WAFやサンドボックスといった注目のセキュリティ対策に目を奪われがちだが、カバー範囲も広く費用対効果も高いIDS/IPSについての「真実」を見ていこう。(2017/03/23)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

IPSの選択と導入で押さえておきたい「7つのポイント」チェックシート

IPS(不正侵入防御システム)はインターネットと社内ネットワークの隙間から忍び寄るサイバー攻撃から企業を守る重要なセキュリティだ。しかし重要だからこそ、その機能や信頼性、運用方法などに不安もある。念頭に置いておくべき「7項目」はこれだ。(2016/12/14)

技術文書

トレンドマイクロ株式会社

気になる「サイバー攻撃」その実情と対策- 「想定被害シミュレーション」と「そうならないため」のヒント

相次ぐサイバー攻撃が話題になって数カ月。本当に正しく「サイバー攻撃」を理解できているだろうか? 本当に今までの対策は無効なのか? 実際の手口はどのようなものなのか? サイバー攻撃への様々な疑問を、実被害に基づいた「被害想定事例」を元に手口と対策について解説する。(2011/12/15)

技術文書

日本ラドウェア株式会社

攻撃はどう変わったのか、DefenceProでどう防ぐのか

攻撃対象はコードの脆弱性からサービスの脆弱性へ 〜従来のセキュリティツールでは防御できないネットワークの脅威の変化と、それに対する新たな対処方法について説明する。(2009/06/01)

製品資料

マクニカネットワークス株式会社

【カタログ】McAfee Network Security Platform(旧名称:IntruShield)

McAfee Network Security Platformは、高精度、ハイパフォーマンスが特徴のネットワーク侵入防御システム。ネットワークに接続したすべてのデバイスに対して包括的なエンタープライズレベルの保護を実現。(2009/03/31)

製品資料

エクストリーム ネットワークス株式会社

ゼロデイ攻撃を予防するアプライアンスの仕組みを解説

エクストリーム ネットワークスが提供するギガビット対応セキュリティアプライアンスは、なぜ事前にゼロデイ攻撃を察知できるのか? その機能や動作を読み解く。(2008/05/15)

その他

NTTデータ・セキュリティ株式会社

侵入検知システム(IDS)の運用に欠かせない2つのポイント

不正アクセスからの防御はIDS導入だけでは不十分だ。検知したイベントが実害につながるか否かを判断してシステムへの影響度を判別し、的確かつ迅速に対処することが求められる。(2008/03/28)

その他

NTTデータ・セキュリティ株式会社

今のセキュリティ対策に足りないものをプロが診断

脆弱性検査ツールのみではなく、独自ノウハウをもとに網羅性の高い正確な診断を実施し、分かりやすいレポートを提供。専門の技術者によるフォローアップも行うセキュリティ診断サービスを紹介する。(2008/03/28)

18件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後