セキュリティ規格・ポリシー


ホワイトペーパー検索
  
     

19件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


レポート

トレンドマイクロ株式会社

2016年「三大サイバー攻撃」 攻撃と被害傾向に学ぶ2017年のセキュリティ対策

2016年に国内で猛威を振るった数々のサイバー攻撃。なかでも注意すべきは「標的型サイバー攻撃」「ランサムウェア」「公開サーバへの攻撃」の3つだ。さまざまな調査データや被害事例を基に2017年のセキュリティ対策を探る。(2017/02/14)

レポート

日本電気株式会社

「社長、大変です」ではもう遅い 今すぐ始めるセキュリティ3原則と重要10項目

サイバー攻撃の脅威は全ての企業に拡大し続け、法人も個人も経営責任を問われるケースが増えている。「今まで大丈夫だったから」では済まされない、経営者が今すぐ取り組むべき心構えを漫画とストーリーで解説する。(2017/02/14)

レポート

トレンドマイクロ株式会社

インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする?

ある日突然、外部機関に自社ネットワークからの「不審な通信」を指摘され、サイバー攻撃の疑いが発生した場合、適切な判断、素早い初動対応はできるだろうか? 緊急事態でも迅速・適切な対処をするための実践的なインシデント対応マニュアルを紹介する。(2017/02/10)

事例

富士通株式会社

深刻なセキュリティ技術者不足をどう解消する? 富士通が実践する社内育成とは

サイバー攻撃の被害が後を絶たないことから、「自分の身は自分で守る」という企業が増えている。セキュリティ技術者の人材不足が深刻な問題となるなか、社内で実務担当者を確保するためには、人材の発掘と育成に向けた全社的な仕組みが必要だ。(2017/02/06)

レポート

アイティメディア株式会社

犯罪に手を染めた“元極悪ハッカー”の採用は是か非か?

セキュリティ人材不足が深刻化する中、企業は十分なスキルを持った人材をどう探し、どう確保すべきか。一見極端に見える“元犯罪者”の雇用も含め、取り得る選択肢を検証する。(2017/01/26)

レポート

Intel Security

8カ国調査で分かった「深刻なセキュリティ人材不足」 打開策を4つの側面で考える

8カ国(オーストラリア、フランス、ドイツ、イスラエル、日本、メキシコ、英国、米国)を対象に実施した調査では、回答者の82%が「サイバーセキュリティ人材が不足している」と答えた。この状況をどうやって打開すべきか、4つの側面で分析する。(2016/12/07)

講演資料

日本マイクロソフト株式会社

知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途

認証技術はセキュリティの基礎であり、その認証情報を受け渡すプロトコルがこれを支えている。現在ではいくつかの標準化された認証プロトコルが並立し、利用されているが、正しいセキュリティ構築のためにそれぞれの違いと用途を知っておこう。(2016/12/02)

レポート

ServiceNow Japan 株式会社

調査で浮き彫りになるセキュリティチームとITオペレーションチームの壁

北米において180人以上のITおよびセキュリティの専門家を対象に、セキュリティインシデント対応プロセスやテクノロジーに関する意識調査が行われた。報告書から浮き彫りとなったのは、サイバーセキュリティチームとITオペレーションチームの間に存在する組織的な課題であった。(2016/07/29)

レポート

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社

企業内弁護士が苦手とするOSS――法的リスクは誰がどのように抑えるのか?

多くの企業において十分な法的知識を持たないまま、オープンソースソフトウェアの活用が進んでいる。企業内で法的なアドバイスを行う立場にある者は「コピーレフト」などの原理を正しく理解し、適正な管理ポリシーを確立することが求められる。(2016/06/06)

レポート

ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社

「そのコードにOSSは含まれているか?」 法的リスク管理は自覚から始まる

オープンソースソフトウェアの利用が進む中、開発チームが法的な要求条件を理解していないことによる紛争のリスクが高まっている。そこで、開発ペースを落とさずに、法的なリスクを回避するためのポリシー運用について解説する。(2016/06/06)

19件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後