ディザスタリカバリ


ホワイトペーパー検索
  
     

71件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


レポート

Veeam Software Japan 株式会社

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?

近年、データセンターに対して、仮想化やバックアップ/レプリケーションなどの投資が積極的に行われている。それにもかかわらず、システムの可用性は年々下がっているという。企業調査の結果から、その原因や解決方法を探る。(2017/02/23)

講演資料

日本マイクロソフト株式会社

悩む前に試してみよう AzureとクラウドでDRはこんなに使いやすい

企業の事業継続に欠かせないDR。自前構築は非常に高価だが、クラウドを活用することで効率的・効果的に行える。ここではさまざまなプラットフォームに対応し、DRに求められる機能を備えつつ、利用しやすい価格帯のAzureによるDRを紹介する。(2016/12/16)

事例

ニフティ株式会社

クラウドでディザスタリカバリー対策する利点――ニフティのDRaaS実用例から探る

大規模障害や災害の発生時でも業務を動かし続けることは経営上の重要な課題だ。しかしそのための投資は小さくない。クラウドの活用でこうしたディザスタリカバリーサービスを展開するニフティを例に、そのメリットを紹介する。(2016/12/09)

製品資料

サイオステクノロジー株式会社

Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保

ミッションクリティカルなシステムをAWSに移行する場合などには、AWS上にHAクラスタ環境を構築して、アプリケーションの可用性、耐障害性を確保・向上させることを考慮したい。こうした目的に適したソフトウェアとは、どのようなものなのか、詳しく紹介する。(2016/12/01)

製品資料

サイオステクノロジー株式会社

AWS上で“オンプレミス並みのアプリ可用性”を確保するHAクラスタシステム構築法

AWS上でのアプリケーションの可用性を確保するのに有効な手法は、障害の検知とリカバリーを自動的に実行してくれるHAクラスタ製品を利用すること。オンプレミスと同様に利用できる製品が備えている機能と、利用するためのステップを詳しく紹介する。(2016/12/01)

製品資料

サイオステクノロジー株式会社

仮想化環境の可用性向上術――重要なデータを保護しながらシステムを高速復旧

仮想化環境の採用に伴い、事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策などに向けた可用性へのアプローチにも変化が求められつつある。そこで、仮想化環境での高可用性を実現する仕組みとして注目される、ストレージクラスタを支える2つの技術について解説する。(2016/11/09)

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

BCP対策の弱点はどこか? “復元力”を検証するレジリエンシーフレームワーク

災害を想定したBCP(事業継続計画)を策定する企業は多いが、その後は検証されることもなく、放置されているケースが目立つ。そこで、あらためてBCPを検証し、より実効性の高いものへと改善するためのフレームワークを紹介する。(2016/10/17)

技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

事業継続マネジメントに実行力を持たせるための7つのポイント

多くの企業でBCM(事業継続マネジメント)が策定されているが、これをシステムも含めたさまざまなインフラに適用・検討し、一貫性のある統合されたプログラムにまで高度化させている企業は少ない。BCMの実効性を高め、多角的なリスク回避能力を確立するには何が必要だろうか?(2016/10/17)

製品資料

日本ヒューレット・パッカード株式会社

Azure上にスタンバイ系を構築――ハイブリッドはBCP対策の切り札となるか?

BCPの重要性は以前から知られており、既に多くの企業が対策を行っている。しかし、近年は従来型の対策の課題が見え始めていることから、クラウドサービスを活用したハイブリッドBCPサービスが注目されている。(2016/06/02)

レポート

NTTコミュニケーションズ株式会社

DR計画で優先すべき5つのポイントと仮想化時代に考えたい「DRaaS」という選択肢

企業が災害復旧(DR)計画を策定する際は優先事項を明確にすることが重要だ。そうしなければ、いざ災害が発生したときに慌てることになるだろう。また仮想化の普及により、Disaster recovery as a service(DRaaS)という選択肢もでてきた。(2015/07/13)

71件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後