統合運用管理


ホワイトペーパー検索
  
     

221件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


製品資料

株式会社ジャストシステム

ファイルサーバの肥大化対策、コストと労力を削減する統合管理システム

利用者にとっては便利だが、止まらない肥大化など、管理者にとっては悩みの種にもなるファイルサーバ。Windows Server 2008のサポート終了などでリプレースを検討し始めている企業も多い。そこで、ファイルサーバ管理をスリム化する統合管理システムを紹介する。(2017/02/09)

製品資料

株式会社フィールドワン

保守期限が切れても「リプレースしない」、IT機器の延命で投資効率を最大化

ハードウェアは一般的にメーカーの純正サポートが終了してしまえば、半ば強制的な買い替えが必要になってしまう。このような不本意なタイミングでのリプレースに不満を感じる企業にとって有効な選択肢の1つとなるのが、「延命保守」サービスだ。(2017/02/09)

事例

株式会社ジャストシステム

国産ジェット旅客機「MRJ」の開発プロジェクトを支える情報共有システムとは?

三菱航空機が国産初を目指して開発を進めるジェット旅客機「MRJ」。その開発現場では、日々発生する高度な技術課題に頭を悩ませている。この課題解決に大きな役割を果たしているのが、同社が構築した全社的な情報共有システムだ。(2017/01/25)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法

激変する市場に追い付くには業務のスピードアップが不可欠。IT部門にはそれが期待されているが、実際には日々の保守管理に追われている。そんな非合理的な運用の改善方法を、マンガで妖精さんが伝授してくれる。(2017/01/12)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

「魔法の箱」? 基幹システム・リプレースの考え方が劇的に変わる

定期的なハードウェアリプレース、それに伴うシステムバージョンアップの負担を考えると「気が重くなる」担当者は多いだろう。手間もコストもかかるがやらねばならない、これを簡単に済ませてくれる「魔法の箱」はないものだろうか。(2017/01/11)

製品資料

リバーベッドテクノロジー株式会社

パフォーマンス低下の原因を数分で特定するには?

システムパフォーマンス低下の“容疑者”は数え切れないほど存在し、また時々によって変わる。迅速な問題解決を図るには、ネットワークとアプリケーションのパフォーマンスを総合的に可視化することで素早く容疑者を特定し、部門横断で適切に処理することが重要だ。(2016/12/19)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

複雑なIT環境で障害は避けられないのか? 影響を最小化する構成要素分析に迫る

非常に複雑な構成となりがちな企業のシステムインフラ。業務効率を目指して導入したはずのITが、管理負担で逆効果となる場面もある。こうした複雑さを分析し、障害による影響を最小化するサービスが存在する。(2016/12/19)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

ベンダー機種不問、電話一本楽々解決、保守切れ製品保守延長可、それって一体?

企業で使用されるIT機器は、さまざまな形態やベンダーの製品が混在しているのが常だ。故障すればすぐに直したいところだが、問題を切り分け、サポート期間を確認し、窓口を探し出して、と非常に面倒で労力がかかりすぎていないだろうか。(2016/12/19)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

4業種の利用例に見るマルチベンダー環境のソフトウェア保守一本化メリットとは

業務の拡大や変化に伴い、さまざまなベンダーのソフトウェアが使われ、いつの間にか運用が大きな負担になる。この課題に対し、マルチベンダー環境のソフトウェア保守窓口を一本化するサービスを、各種業界の利用例と合わせて紹介する。(2016/12/19)

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

異なるベンダー製品が混在するインフラ保守やトラブル対応をまとめてカンタンに

企業のITインフラは、さまざまな機器や製品が組み合わさったマルチベンダー環境が一般的だ。しかしその運用は大きな負担でもある。保守窓口を一元化し、トラブル対応はもちろん、予防を通じて安定運用を支援するサービスを事例とともに見てみよう。(2016/12/19)

221件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後