SSD/半導体ストレージ/フラッシュストレージ


ホワイトペーパー検索
  
     

158件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ(Kindle版)

特集は、フラッシュのブレークスルーとなった3D NANDについて技術的に解説する。他に、増加傾向にあるDNSのセキュリティリスク、Webの内容を勝手に取得して利用するスクレイパーからコンテンツを守る方法、MongoDB導入事例などをお届けする。(2017/02/22)

技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ(EPUB版)

特集は、フラッシュのブレークスルーとなった3D NANDについて技術的に解説する。他に、増加傾向にあるDNSのセキュリティリスク、Webの内容を勝手に取得して利用するスクレイパーからコンテンツを守る方法、MongoDB導入事例などをお届けする。(2017/02/22)

技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 2月22日号:3D NANDで飛躍するフラッシュストレージ

特集は、フラッシュのブレークスルーとなった3D NANDについて技術的に解説する。他に、増加傾向にあるDNSのセキュリティリスク、Webの内容を勝手に取得して利用するスクレイパーからコンテンツを守る方法、MongoDB導入事例などをお届けする。(2017/02/22)

レポート

日商エレクトロニクス株式会社

「DBチューニング」vs.「FLASH導入」、はやいのはどっち?

加速するビジネス環境に応じて、多量のリクエストをスピーディに処理することがビジネスの成否に関わるようになってきている。「DBチューニング」と「FLASH導入」はデータベースの処理速度を向上させる改善策として注目されている。そこで、そのコストと効果を比較検証する。(2017/02/17)

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは

富士重工業の自動車運転支援システム「アイサイト」の開発では、ひたすら走って実験し、走行画像を記録することが繰り返される。この開発にブレークスルーをもたらしたのは、IBMのストレージ・テクノロジーで実現した膨大な画像データの統合管理システムだった。(2017/02/15)

レポート

日本アイ・ビー・エム株式会社

ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢

データ量が競争力を左右するようになり、多くの企業があらゆるデータを収集するようになった。このビッグデータの時代に、企業はどこまでのデータを蓄積し、ストレージにはどれだけの投資をすればよいのか。近年の潮流から最適解を探る。(2017/02/15)

レポート

日商エレクトロニクス株式会社

オールフラッシュストレージの基礎知識――知らないと損をする「4つの効果」

高速処理性能を持つストレージとして注目される「オールフラッシュストレージ」。高速処理性能ばかりがクローズアップされるが、その導入による効果は多岐にわたる。実際に導入した企業の事例とともに、その効果を詳しく解説する。(2017/02/14)

レポート

日商エレクトロニクス株式会社

DBのボトルネックをピンポイントで解消――診断サービスを活用したDB最適化

時とともにデータベースのパフォーマンスは悪化していくが、ボトルネックを特定することは容易ではない。そこで活用したいのが、専門家による「データベース診断」だ。この診断で、どのような情報が得られるのかを紹介する。(2017/02/14)

事例

日商エレクトロニクス株式会社

ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能

自動車メーカーのダイハツ工業は、ITインフラ整備でも、スモールカーのように「シンプル」「スリム」「コンパクト」であることを追求している。そんな同社が、仮想化環境の刷新方法として着目したのがオールフラッシュストレージだ。(2017/02/14)

レポート

日商エレクトロニクス株式会社

オールフラッシュ化はどう進めるべきか? HDDからの移行戦略を徹底解説

さまざまな企業で導入が進むオールフラッシュストレージ。安定性や低レイテンシ、省スペースなど、多様なメリットを持つオールフラッシュ製品を選ぶ際に注目すべきポイントとは何か、最新のストレージ情勢とともに解説する。(2017/02/14)

158件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後