バックアップソフト


ホワイトペーパー検索
  
     

104件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


事例

株式会社ネットジャパン

この会社は仮想環境の障害対策で「十分に満足」な体制をどう構築したのか

会計事務所向けのシステム開発や業務支援を行っているエッサム社では、費用の高いクラスタに代わる仮想環境での適切な障害対策を模索していた。仮想マシンで動作するサービスを迅速かつ確実に復旧するため同社が選んだ方法とは。(2017/06/13)

技術文書

ベリタステクノロジーズ合同会社

クラウドへデータを移行、その前に知っておくべき3つのこと

オンプレミス、仮想環境、クラウドと、データの保存場所が分散している企業のIT環境では、全社規模でのデータの可視化が不可欠だ。クラウド移行のデータリスクを軽減し、コストを確実に削減するために知っておくべき3つの重要事項とは?(2017/04/13)

製品資料

Veeam Software Japan 株式会社

中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」

中堅・中小企業でも事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)への対策としてバックアップ環境の整備が進んでいる。そこで、導入後に問題となりやすい、コスト、運用、ダウンタイムなどの5つの課題を解消する方法を分かりやすく紹介する。(2017/02/23)

Webキャスト

日本ヒューレット・パッカード株式会社

美魔女が斬る、よくある5つの「バックアップ失敗事件」と「解決策」

スピードや柔軟性に優れたITサービスのために欠かせないのがバックアップだ。バックアップの5つの失敗事例から、システムの堅牢性を高め、安定運用に寄与するバックアップの事前設計、運用のヒントをオンラインセミナーを通じて考えてみたい。(2017/01/17)

製品資料

arcserve Japan合同会社

その重複排除では重複排除できない? 新旧の技術比較で正しくバックアップ

データ量の増加が続く昨今、特に影響を受け、早急に手を打ちたいのがバックアップだ。旧来の重複排除システムのままでは容量増加に歯止めがかからず、バックアップが終わらない事態も起きかねない。先進の重複排除技術で対応をしていこう。(2016/12/13)

製品資料

arcserve Japan合同会社

普段使わないから選択に困る「データ保護製品」を選ぶための5つの理由

ITシステムを活用しているならデータ保護は備えるべきだ。しかし平時に使わないからこそ製品選びは意外と難しい。いざ事態が起きてから失敗に陥らないためには、「データ保護製品を選ぶ理由」を知っておくことが有用だろう。(2016/12/13)

製品資料

arcserve Japan合同会社

マンガで読み解く! 業界別「バックアップのお悩み解決法」

企業や組織におけるデータの重要性が急激に高まった結果、IT担当者には唐突にバックアップ/リカバリー運用の改善要求が突きつけられるようになった。そんな状況に陥ったときに役立つ解決策をマンガで分かりやすく解説する。(2016/12/06)

製品資料

CommVault Systems Japan

統合データ管理ソフトの基礎解説――企業のあらゆるデータを保護するメリット

企業システム内で爆発的に増加し続けるビジネスデータへの対応の切り札として、統合データ管理ソフトウェアが脚光を浴びている。その導入メリットについて、整理してみよう。(2016/11/29)

製品資料

CommVault Systems Japan

データ検索性能に優れた「新しいスナップショット機能」とは?

大容量データの管理に使われるスナップショット機能は、今やストレージ製品の標準機能として提供されている。最近ではこの機能のデータ検索性能を強化して、スナップショットから簡単に必要なデータを取り出せるようにした製品も登場してきている。(2016/11/29)

製品資料

CommVault Systems Japan

ディザスタリカバリに必要な「使える」重複排除機能の条件

バックアップデータを作成する際、データの重複ブロックを排除し、変更ブロックだけを書き込む重複排除機能は、多くの企業で利用されている。最近、この機能をディザスタリカバリに利用するケースが増えている。ただしデータ転送の際には注意が必要だ。(2016/11/29)

104件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後