IAサーバ・PCサーバ


ホワイトペーパー検索
  
     

14件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


レポート

株式会社ジャストシステム

過半数が「ディスク容量不足」に不安、ファイルサーバの課題にどう対応する?

ファイルサーバやNASを運用する上で不安となるのが「ディスク容量不足」だ。企業調査では、「データの肥大化対策」「データの管理/処理」などに対応しきれない企業側の実態も明らかになった。(2017/10/11)

製品資料

デル株式会社

ハイブリッドクラウド実現の最適解、Microsoft Azureとのシームレスな連携・管理の秘訣

近年、クラウドの活用方法として、パブリック/プライベート(オンプレミス)を適材適所で利用するハイブリッドという考え方が浸透してきた。その中でも「Microsoft Azure」との統合環境をシンプルに利用可能なハイブリッドクラウド製品が注目されている。(2016/06/02)

製品資料

シスコシステムズ合同会社

見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?

仮想デスクトップの普及などを背景に、導入が進むハイパーコンバージドインフラ。多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることから、幾つかの課題が見られるようになってきた。そこで注目されるのが次世代型製品だ。(2016/05/24)

レポート

デル株式会社

5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証

仮想化技術の発展でデータベースサーバの運用は大きく変化し、コストメリットだけでなく、さまざまな利便性を生み出している。しかしデータベース環境をどこに置けばメリットを最大化できるかについては、ある種の誤解が定着してしまっている傾向がある。(2016/03/24)

Webキャスト

デル株式会社

Windows Serverのアップグレードでシステム全体をレベルアップ、その実現方法とは?

現在多くの企業で稼働しているWindows Server 2003は、2015年7月15日で延長サポートを終了する。次世代のサーバOSを検討する際には、そのポテンシャルを最大化できるハードウェアとの組み合わせを含めた戦略が必要だ。(2015/06/25)

講演資料

シスコシステムズ合同会社

Windows Server 2003移行のシステム基盤選び、キーワードは「クラウド」「仮想化」

Windows Server 2003移行のシステム基盤選択は「どのように?」を考える前に「どうあるべきか」を考えたい。今回の移行で「築くべき」インフラとは?(2014/11/21)

技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?

IBM、Dellに対して優位を確信するHP、有名メーカーのサーバは不要になると予測するVMware、仮想化を過去のものにしようとしているベアメタル+Docker。生き残るのは誰か? 他にGoogle App Engine事例、ロンドン交響楽団CIOインタビューをお届けする。(2014/10/22)

技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?(Kindle版)

IBM、Dellに対して優位を確信するHP、有名メーカーのサーバは不要になると予測するVMware、仮想化を過去のものにしようとしているベアメタル+Docker。生き残るのは誰か? 他にGoogle App Engine事例、ロンドン交響楽団CIOインタビューをお届けする。(2014/10/22)

技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 10月22日号:次に市場から消えるのは誰?(EPUB版)

IBM、Dellに対して優位を確信するHP、有名メーカーのサーバは不要になると予測するVMware、仮想化を過去のものにしようとしているベアメタル+Docker。生き残るのは誰か? 他にGoogle App Engine事例、ロンドン交響楽団CIOインタビューをお届けする。(2014/10/22)

講演資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

Windows Server 2003サポート終了対策、移行先のシステムに必須のテクノロジーとは?

2015年7月にサポートが終了するWindows Server 2003だが、まだ約30万台が稼働中で移行作業はなかなか進んでいないのが現状だ。だが、OSアップデートは、新しい技術を検討するのにいいタイミングだ。移行先のシステムに必須のテクノロジーとは何か。(2014/09/11)

14件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後