サーバ仮想化


ホワイトペーパー検索
  
     

38件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後


技術文書

ニュータニックス・ジャパン合同会社

ハイパーコンバージドに苦手な処理はあるのか? 主要ワークロードで徹底検証

クラウドのような柔軟性や拡張性が魅力のハイパーコンバージドインフラ(HCI)だが、トランザクション処理などが苦手という懸念の声もある。そこで、本資料では主要HCI製品を使って、懸念となる4つのケースを検証してみた。(2017/08/09)

事例

ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社

オールフラッシュ導入事例:ハイブリッドクラウドの運用性はどこまで変わる?

ITシステムの根幹にあるストレージは、急速にオールフラッシュへと置き換わりつつある。町田市が仮想化環境のデータ圧縮率を6倍にし、バッチ処理時間を半減させた事例から、オールフラッシュ製品採用のメリットを紹介する。(2017/06/19)

製品資料

ニュータニックス・ジャパン合同会社

データセンター仮想化を見直すことで得られる「8つのメリット」

データセンターに仮想化技術を導入することは今や一般的だが、まだレガシーな仮想化技術が残っている企業も少なくない。このような仮想化環境を見直すことで、データセンターはどのような恩恵を得られるのだろうか。(2017/05/22)

講演資料

日本マイクロソフト株式会社

LinuxベースVMでここまでできる IaaSにおけるOSS活用ポイント

LinuxなどのOSSは長年にわたって開発者に親しまれており、IaaSパブリッククラウドにおけるVMでも広く用いられている。そのため、構成済みのVMが提供されたり、機能としてLinux関連の管理機能が備わるなど、IaaS事業者側での対応も進んでいる。(2016/12/12)

レポート

アイティメディア株式会社

ざっくり分かる「ハイパーコンバージド」の仕組みと主要製品

サーバやストレージ、ネットワークなどを単一筐体にまとめた「コンバージド(垂直統合型)システム」。最近は「ハイパーコンバージドインフラ」とうたう製品も出てきた。従来のコンバージドとの違いや、主要製品を押さえよう。(2015/12/17)

レポート

横河レンタ・リース株式会社

検証:15分で設定可能? 運用の懸念は? ハイパーコンパージド製品を検証してみた

ハイパーコンパージド製品には自動初期セットアップツールが付属しており、セットアップは15分程度で終了するといわれる。しかし、そのためには事前にパラメータを詰めることが必要? 構築後の運用の手間は? など不安はつきない。その答えを検証レポートからひも解く。(2015/08/27)

Webキャスト

マクニカネットワークス株式会社

SAN不要。シンプルな構築、運用、拡張を可能にするサーバ仮想化基盤とは?

物理サーバの統合により機敏で柔軟なITシステムを可能にするサーバ仮想化技術は、構築、運用、拡張が複雑となる課題があった。そこで注目されるのが、物理的な共有ストレージを持たない「ハイパーコンバージドインフラ」という最新基盤だ。(2015/04/13)

事例

株式会社日立製作所/ヴイエムウェア株式会社

総合研究大学院大学の全国18カ所の「広域」学内ICT基盤を実現する仮想化技術

総合研究大学院大学は、全国18の大学共同利用機関法人が連携する大学院だけの大学だ。全国に散在するキャンパスの広域学内ICT基盤の再構築に当たり、同学ではプライベートクラウドを構築し、データセンターの仮想化に取り組んだ。(2015/03/05)

製品資料

EMCジャパン株式会社

高価な専用ストレージを不要にする仮想SANストレージソフトウェア

専用ストレージシステムのいらないソフトウェア提供のSANで、高機能と俊敏性、コスト削減の両立が可能になった。パブリッククラウドのメリットをプライベートクラウドで実現できる製品だ。(2014/05/26)

レポート

ヴイエムウェア株式会社

コスト削減だけではない! 仮想化による4つのメリット

VMwareの調査では、仮想化を導入した企業の過半数が、その目的として物理マシンの削減、コストの抑制を挙げている。しかし、こうした効果はあくまで仮想化のメリットの1つにすぎない。仮想化はコスト削減にとどまらない、企業に真の競争力をもたらす付加価値を備えている。(2014/04/21)

38件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 >> 最後