情報漏えい対策


ホワイトペーパー検索
  
     

93件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


レポート

株式会社シマンテック

この一冊でセキュリティ最新動向が分かる  セキュリティ脅威レポート2017年版

『インターネットセキュリティ脅威レポート』最新版を公開。IoTデバイスへの攻撃、ランサムウェアなど企業を脅かすインシデントの最新動向から、米国大統領選挙におけるサイバー攻撃の実情などセキュリティ情報を網羅的に解説する。(2017/10/10)

技術文書

パロアルトネットワークス株式会社

その機械学習は本物? エンドポイントセキュリティを評価する3つのポイント

高度化する脅威に、既存のツールや人による分析では対応が追い付かない。注目されているのが機械学習の活用だが、機械学習が本当に効果を発揮するかを判断するには「3つの評価ポイント」で慎重に検討する必要がある。(2017/08/07)

製品資料

株式会社ファーストプレイス

IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか?

IT業界における技術者の不足やサイバー攻撃の激化などにより、IT業務において、顧客から損害賠償を請求されるリスクが高まっている。そこで、このようなリスクを「移転」するアプローチとして、サイバーリスク保険への関心が高まっている。(2017/06/27)

製品資料

株式会社ファーストプレイス

費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は?

高度化するサイバー攻撃には、徹底した対策が重要だが、そのリスクをゼロにするのは困難だ。特に悩ましいのが「可能性は低いものの、発生時の損害が大きいリスク」だ。そこで、費用対効果の面から注目される新たな対策を紹介する。(2017/06/27)

レポート

アイティメディア株式会社

匿名通信ツール「Tor」はほぼ確実に“身元バレ”する?

その匿名性から闇取引などの犯罪に利用されることもある「Tor」。実はそのユーザーの身元が特定できる可能性があることが明らかになったという。どういうことなのか。(2017/04/06)

製品資料

クロス・ヘッド株式会社

クラウドストレージからの情報漏えいも防止、CASB搭載ネットワークDLPの実力は

企業のクラウド利用が拡大する中、データ保護にも変化が求められている。そこで注目されているのが、ネットワークを通過するデータやWebメール、エンドポイントを介さないデータの情報漏えい対策機能も備えたネットワークDLPだ。(2017/03/31)

製品資料

クロス・ヘッド株式会社

専門スキル不要で重要データを保護――「出口対策」運用の負荷を軽減するには?

巧妙な手段で重要データの窃取を狙うサイバー攻撃に対し、セキュリティ製品の機能も進化し続けている。一方で、多機能なセキュリティ製品は、利用者に高度なスキルも求められる。この課題を解消し、運用を効率化する方法はないのだろうか。(2017/03/31)

製品資料

クロス・ヘッド株式会社

標的型攻撃は「出口対策」で防ぐ、端末のデータ可視化が迅速な対応を可能に

高度化する標的型攻撃を防ぐために、マルウェアの侵入を前提としてデータの流出を許さない「出口対策」が注目されている。端末のデータを可視化し、マルウェアの侵入原因や被害状況を明らかにすることで侵入後の迅速な対応を可能する。(2017/03/31)

レポート

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

HTTPサイトは全て“危険サイト”と見なす――Googleの「HTTP離れ」が加速する訳

Googleが、HTTPサイトの危険性を周知する取り組みを加速させている。その背景には何があるのか。同社の取り組みを基に、企業が取るべき策を考える。(2017/03/21)

レポート

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

“簡単に攻撃できる企業”と思わせないために今すぐやるべき11のリスト

サイバー犯罪者は大企業や有名企業に限らず、セキュリティへの投資が不十分な企業にも狙いを定める。どの企業でも最低限やっておくべきセキュリティ対策を整理する。(2017/03/21)

93件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後