WAN/Web高速化


ホワイトペーパー検索
  
     

59件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


製品資料

シンガポールテレコム・ジャパン株式会社

海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか?

グローバル展開する企業に注目されている「SD-WAN」。その理由の1つが、国際閉域網におけるコスト効率の向上だ。本コンテンツでは、SD-WANのさまざまな活用法やメリットを解説し、海外展開に最適なSD-WANサービスを紹介する。(2017/03/01)

製品資料

KDDI株式会社

閉域接続WANでAWSやAzureの安全性を強化――ハイブリッド時代のクラウド運用

パブリッククラウドへの安全性の不安を解消する閉域接続WANサービスの登場で、企業のIT環境はハイブリッドクラウドへと移行し始めた。この新たな環境で、企業が直面する3つの課題を解消し、高パフォーマンスの通信を実現する方法を探る。(2017/02/28)

レポート

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

「UEFA EURO 2016」の裏舞台、ネットワーク史上最大規模のDDoS攻撃の行方は?

世界的なサッカーイベント「UEFA EURO 2016」のストリーミング配信は、1000万人超のユニークビジターが視聴し、最大規模のトラフィックが発生した。さらにその裏では、ネットワーク市場最大規模のDDoS攻撃も行われていた。(2017/02/08)

事例

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

電子書籍需要が急拡大、メディアドゥが50倍のトラフィック増加に耐えられた理由

電子書籍市場をリードするメディアドゥにとって、想像以上のペースで増え続けるトラフィックは大きな課題となっていた。しかし、「絶対に自分たちの事情でサービスを止めることはしない」という方針を変えたくはない。そこで同社が選んだのはCDNだった。(2017/02/08)

事例

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

目指すは“億単位”のユーザー、任天堂のモバイルアプリ展開を支えるCDNは?

2016年3月に「My Nintendo」という新サービスの提供を開始するなど、近年はスマートデバイス対応を進める任天堂。グローバルでは億単位のユーザー獲得を目指す同社が、高品質のコンテンツを安定配信する基盤として選んだCDNとはどのようなものだろうか。(2017/02/08)

Webキャスト

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

メディアドゥのコンテンツ配信基盤がトラフィック“50倍増”にも揺るがない理由

いち早く電子書籍事業を展開し、市場をリードする存在となったメディアドゥ。急成長するコンテンツビジネスは、同社の予想を超えるトラフィックの増大をもたらした。この課題を解消するため、同社はコンテンツ配信プラットフォーム(CDN)の導入を決定した。(2017/02/08)

レポート

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

Webページのロードは2秒まで、ユーザーの厳しい要求に応えるモバイルサイト開発

eコマースや各種のWebプロモーションの成果を向上させるには、モバイルでの利便性やパフォーマンスをレベルアップさせる必要がある。では、モバイルアプリやモバイルサイトの質的向上には、どんなプロセスをたどっていけばいいのだろうか?(2017/02/08)

レポート

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

モバイルサイト/アプリ配信のユーザー体験を阻害する「5つの問題」

モバイルサイトやアプリに対する評価が、企業が展開するさまざまなオンラインビジネスの成果に大きく影響するようになってきた。このような状況のなか、企業は顧客に最良のモバイル体験を提供するため、幾つもの課題を乗り越える必要がある。(2017/02/08)

製品資料

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

モバイル配信のコスト削減、利用環境に合わせた“高速化”で顧客体験を調整

多くのユーザーが24時間365日、常にネットに接続している世界では、モバイルサイトやアプリへの期待値は非常に高いものになる。それは、常に一貫したパフォーマンスを全てのユーザーに提供するということだ。この期待に応えるには何が必要だろうか?(2017/02/08)

事例

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

慶應義塾に学ぶDNS刷新、仮想化インフラのノンストップ運用を実現した秘訣は?

世界レベルの教育研究で知られる慶應義塾では、システムインフラの多くを仮想化している。しかし、古典的なDNSサーバ構成が足かせとなり、可用性の面で課題を抱えていた。そんな同塾がノンストップ運用を実現するために選んだ方法とはどのようなものだろうか。(2017/02/08)

59件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後