ユニファイドコミュニケーション


ホワイトペーパー検索
  
     

41件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後


レポート

アイティメディア株式会社

ついに固定電話と融合、「Skype for Business Online」が実現するUC環境

「Skype for Business Online」から、音声ソフトウェアまたはPSTN(公衆交換電話網)で通信できるようなった。このことは企業にとってどのような意味があるのだろうか。(2017/01/12)

レポート

KDDI株式会社

一長一短ある「Microsoft」と「Cisco」のUCサービス、あなたにピッタリなのはどっち?

大企業を対象とするユニファイドコミュニケーション市場では、CiscoとMicrosoftがシェアの大半を占めている。この2社が提供するサービスの違いを紹介する。(2017/01/11)

レポート

KDDI株式会社

「Google ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービスの実力とは

「Google ハングアウト」は、コンシューマー機能を切り離して、「Allo」と「Duo」の新サービスをリリースする。その理由とは? また新サービスの実力とは?(2017/01/11)

製品資料

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社

残念すぎる弱点がついに解消、ユーザーの不満を招かない「Skype仮想化」

音声/ビデオ通話、メッセージング、オンライン会議などの機能を備えた「Skype for Business」。より多くのメリットを得るためのSkype仮想化が、大幅なデータ遅延という結果を招くことがある。そこで、この弱点を解消する最良の方法を紹介する。(2017/01/10)

レポート

アイティメディア株式会社

もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方

働く場所を自由に選べるワークスタイル変革を実現する方法として「サービスとしてのユニファイドコミュニケーション」(UCaaS)が注目されている。UCaaS製品は、どのような観点で選べばいいのだろうか。(2016/11/25)

レポート

KDDI株式会社

「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか

Windows などに隠れがちだが、実はUC 市場でも強い米Microsoft。2015年に「Microsoft Skype for Business」へと名称変更する「Microsoft Lync」の底力とは?(2016/11/25)

製品資料

日本マイクロソフト株式会社

固定電話とクラウドPBXを連携、Skype for Businessで実現する統合通話環境

ユニファイドコミュニケーション環境に既存の固定電話も統合したいというニーズは、多くの企業が持っているはずだ。これまでは困難であったが、クラウドPBXや既存通話環境を統合するアプライアンス製品などにより、容易に実現できるようになってきた。(2016/11/04)

製品資料

日本マイクロソフト株式会社

Skype for Businessと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?

ソフトフォンと固定電話の統合はこれまで容易ではなかったが、クラウドPBXの登場で徐々に状況が変わりつつある。「Skype for Business」のクラウドPBXと固定電話を統合し、双方のメリットを最大限に生かす、音声通話の統合製品も登場してきたのだ。(2016/11/04)

製品資料

日本マイクロソフト株式会社

Skype for Business Proof of Concept(PoC)環境構築サービス

Microsoft Skype for Businessの導入による、新たなコミュニケーション環境の評価・検証環境をご提供します。(2016/10/28)

製品資料

日本マイクロソフト株式会社

Skype for Business Cloud Connector Edition

Skype for Business OnlineによるクラウドPBX利用を少人数から始めるための環境構築サービスです。(2016/10/28)

41件中 1-10件目

<< 最初 1 2 3 4 5 >> 最後