脆弱性対策


ホワイトペーパー検索
  
     

16件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後


レポート

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

オンラインショップの半数に脆弱性あり? カード情報流出の可能性も

Webサイトの脆弱性を放置したままだと、運営企業だけでなく顧客に甚大な被害を及ぼす可能性がある。生活に身近な存在であるほど、その影響は大きい。オンラインショップを例に脅威の現状と対策を探る。(2017/04/21)

技術文書

日本アイ・ビー・エム株式会社

管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ

機密データや個人情報などを扱うアプリケーションの開発では、暗号化やデータ保護といった要素での堅牢化は施されるが、アプリケーションそのもののセキュリティが意識される例は、実は多くない。何を考慮すべきか、5つのステップで解説する。(2017/04/05)

事例

日本アイ・ビー・エム株式会社

自社製品の安全性を裏付ける、「music.jp」に学ぶモバイルアプリの脆弱性診断

スマートフォンユーザーのモバイルアプリ利用が急拡大するとともに、アプリを狙うサイバー攻撃が急増している。そこで、「music.jp」を運営するエムティーアイの事例から、アプリケーション開発における安全性確保の方法を探る。(2017/04/05)

レポート

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

知らないと恥ずかしい「Webセキュリティ対策&パフォーマンス向上策」まとめ

Webを狙った攻撃が相次ぐ今、そのセキュリティ対策は喫緊の課題だ。では具体的に何をすべきか。パフォーマンス向上策と併せて、基本的なWebセキュリティ対策を整理する。(2017/03/21)

レポート

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

ゼロデイ脆弱性トップ5──危険にさらされた期間とパッチ適用までの日数は?

最新版のセキュリティ脅威レポートでは、ゼロデイ脆弱性のトップ5におけるパッチ適応までの平均日数や、標的型攻撃のスピアフィッシングメールで多数使われた添付ファイルの種類などが明らかになった。(2017/03/21)

レポート

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?

最新のWebサイト脅威レポートでは、多くのWebサイト所有者は脆弱性対策について十分に理解していない事実が浮き彫りとなった。Webサーバでパッチ未適用として検出された脆弱性トップ10をはじめ、世界の脅威状況、進化する犯罪者の手口を解説する。(2017/03/21)

Webキャスト

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

Apache StrutsやOpenSSL、改ざん被害でWebサイト閉鎖。そのとき企業はどうする?

もし攻撃を受けて自社のWebサイトが改ざん、閉鎖に追い込まれたら、あなたはどうするだろうか。IPAの調査によれば、脆弱性の修正に91日以上の日数を要した届けは全体の48%に上る。多種多様な最新のWebサイト攻撃手法を分かりやすく解説するとともに、有効な対策を示す。(2017/03/21)

製品資料

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

サイバー攻撃の脅威に備える。脆弱性診断スタートガイド

Webアプリケーション診断を実施したWebサイトの内、実に93%が何らかの脆弱性を抱えており、約30%のWebサイトで危険度の高い脆弱性が検出されているという統計結果もある。(2017/03/21)

技術文書

合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社)

Webサイトの弱点をつぶせ! 脆弱性対策の基礎知識

サイバー攻撃の対象として狙われやすいのがWebサイトの脆弱性だ。Webサイトを攻撃の脅威から守るために必要なセキュリティとして、脆弱性診断やWebアプリケーションファイアウォール(WAF)の選択基準と主要WAF製品/サービスを紹介する。(2017/03/21)

製品資料

株式会社アスタリスク・リサーチ

システムリリース前に脆弱性を徹底的に排除する、「シフトレフト」の導入

情報漏えい事件の大半がアプリケーション層で発生しているため、サービスリリース前から「シフトレフト」できる診断が検討されている。まず、現状の脆弱性診断が自社のリスク対策に貢献しているかどうか、7つのチェック項目から分析しよう。(2017/01/31)

16件中 1-10件目

<< 最初 1 2 >> 最後